FC2ブログ
モテる男の“優しさ”とは・彼氏彼女が欲しい人に送る!世の中の出会いニュース!!みんなこうして恋人を作っている!恋人の作り方を独自の視点で記述しています。結婚情報センター、結婚情報サイトに行く前にココをチェック!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モテる男の“優しさ”とは


モテ男を目指す人は必見です。

女性に受け入れられる優しさを説明する前に、まずは「優しさ」を大まかに3つに分類してみた。

■人間同士の優しさ
※おじいちゃんからお孫さんまで人道的な優しさ。「親切」とも置き換えられる。
◇授業中、消しゴムをおとした、拾ってくれた
◇道がわからない時人に聞いたら親切に教えてくれた
◇電車で席をゆずってくれた
◇閉まりかけたドアを押さえて開けてくれた
◇小さな子が転んだ時に手当てをした
◇いじめられている人を見て自分もイジメられる危険をおかしてかばってくれた
◇会社で失敗した時など、この先を考えて叱ってくれた上司

■男性と女性の関係の優しさ
※男が女をフォローするという意味。男女の役割的な部分。
◇重たい荷物を持ってあげた
◇高い所にあるものを取ってくれた
◇ヒールを履いて道でコケたらおんぶしてくれた
◇常に女性優先を心がけてくれる優しさ
◇寒いときに上着を貸してくれる
◇飲み会で、会話にはぐれ一人になった時、話し相手になってくれた
◇ヒールを履いていたら、ゆっくり歩いてくれた
◇道路側を男性が歩いてくれた
◇髪を切ったり服装がいつもより可愛かった時など、ちょっと声をかけてくれた

■私だけに与えてくれる優しさ
※個人的なもの。親友、彼氏などからもらう優しさ。
◇気分が落ち込んでいるときに、「元気だしなよ」と外に連れ出してくれた。
◇わがままだとわかっていることを言って、それを受け入れてくれた。
◇忙しいのに自分の為に時間を作ってくれた。
◇酔っ払った時に介抱してくれた。
◇遠回りしてまで自宅まで送ってくれた。
◇悩んでる時に相談にのってくれた。
◇誕生日を祝ってくれた。
◇身体の健康を気遣ってくれた。
◇風邪をひいた時など、薬を買ってきてくれたり食事を作ってくれた
◇仕事などで大変な時でも、生活面で協力してくれる(例:家事など)

その他、「叱ってくれる優しさ」とか「ダメ人間にしてしまう優しさ」など様々な優しさがあるが、これらのテーマは今後追求することにする。

では本題へ。
「モテる男の“優しさ”」であるが、結論から言うと前提として
「人間同士の優しさ」を持ち、
「男性と女性の関係の優しさ」と
「私だけに与えてくれる優しさ」をバランスよくこなせる人ということになるだろう。

モテる男の優しさと言えば直ぐに「男性と女性の関係の優しさ」や「私だけに与えてくれる優しさ」をイメージしがちである。

しかし、
“男性と女性の関係の優しさ”だけが強い人目立つ人は、何か裏があると思われてしまう。 (いわゆる女好きのレッテル)
女性だけに優しいというのは、モテたいという意識の表れに見受けられるし、その優しさがわざとらしく見えてしまう。

さらに
“私だけに与えてくれる優しさ”は気心が分かり合えている人同士だからこそできる優しさ。特に気のない人からこのような優しさを受けると、かえって引いてしまう時も多々ある。

注)「誰にでも優しい人は嫌い」という女性の意見もあるが、その意味は自分へのものと同等の優しさを他の女性に振りまいて欲しくないという願望や、ちょっとしたワガママが含まれている場合が多い。自分にだけ優しく他の人に厳しくしろということではなく度合いの問題である。

と、このように“男性と女性の関係の優しさ”“私だけに与えてくれる優しさ”を意識しすぎることは逆に墓穴を掘る危険性もはらんでいる。優しさも裏返せばおせっかいにも通じるし、損得勘定で行う優しさというのは、女性はすぐにお見通しなのである。

一番大事なのは “「人間同士の優しさ」”がベースとして身についているかどうか。
モテる人というのは、日頃から周囲に目を配り、心に余裕が感じられ、自然に優しい行動ができる。

いくら彼女に優しくあっても、電車で老人に席を譲らない、転んだ小さい子供を気にかけないような男性は、付け焼刃的優しさでしかない。いつか本性が出てくるものである。

「人間同士の優しさ」「人道的優しさ」「親切」できていますか?
女性は日頃から男性の行動をよーく見ているんですよ。

日ごろから気をつけましょうね。

(引用:ライブドアニュース

Copyright © 恋人が欲しい!彼氏彼女を作る方法 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。